島根県での大規模太陽光発電所について

Posted by: admin  :  Category: 最新の太陽光発電

最近、地球温暖化に伴い、国内でもその原因となる温室効果ガスの排出量削減が求められています。
そのため、島根県でも、住宅用太陽光発電システムの導入に対して補助金制度を設けることで、家庭でのシステム設置を促進して温室効果ガスの排出量を削減しています。
また、自治体所有の広い土地を発電事業者に開放することで、大規模太陽光発電所、いわゆるメガソーラーシステムの導入を進めています。
この背景には太陽光発電は、温室効果ガスの排出削減に効果があることが挙げられます。
通常、火力発電などの発電方法では石油や石炭などの天然資源を利用しての発電が行われており、さらに発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスが排出され、地球温暖化を促進してしまいます。
この点、太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを電力に変えるため資源を消費せず、さらに二酸化炭素の排出も発電時に行われないため、地球温暖化防止に役立ちます。
そして、各自治体では広大な土地に大規模な太陽光発電所を設けることで、さらに環境に配慮した発電を行い、地球温暖化に歯止めをかけようとしています。