ソーラーパネルを利用した太陽光発電

Posted by: admin  :  Category: 最新の太陽光発電

一昨年の東日本大震災を起因として発生した福島原子力発電事故により、電力供給源にたいする関心が社会的に高まっています。
安全性が高く、クリーンなエネルギー源への志向が高まっています。
クリーンなエネルギー源として代表的なもので、水力発電や風力発電、地熱を利用した発電など、いろいろありますが、もっとも注目を集めているのが太陽光発電です。
太陽光発電は、太陽の光があればどこでも電力を生み出すことができ、老廃物を全く発生させないため、効率面でも安全性の面でも注目を集めています。
ソーラーパネルを天井に設置し、付随設備を設置すれば、個人の家庭の規模でも導入することができます。
実際、新築で住宅を建てる際には、オプションとして太陽光発電を設置するプランを利用することができます。
初期投資費用はかなり高額となってしまいますが、長期的に利用するなら、初期投資費用を回収することができます。
発電した電力を自宅で利用しながら、余剰の電力は電力会社に買い取ってもらうことができます。