設置する際に重要なこと

Posted by: admin  :  Category: 太陽光発電のある生活

現在、太陽光発電をお考えの方が徐々に増えてきております。
原発問題もあり、一戸建てのおうちの方では特に
屋根に太陽光発電を設置されているご家庭が多数見受けられるようになりました。
そんな中、ご自分の家にも太陽光発電システムをとお考えの方には
いくつかキーポイントがあります。
太陽光発電の設置には時期や環境が非常に重要です。
まず、大切なことは国や地方自治体からの補助金です。
国からの補助金は日本にお住まいの方なら全ての方が受けることができますが、
県や市が行なっている補助金は各自治体で金額や補助内容が大きく異なっています。
現在すでに家をお持ちでそこに太陽光発電を設置される方は
まず市役所の太陽光発電システムに関する部署に相談されることをおすすめします。
また、新築で家を建てようとお考えの方で、太陽光発電も一緒に導入しようとお考えの方は、どこに家を建てるかで補助が大きく変わってきますので、
その下調べは非常に重要です。
また、補助金を受け取るには適切な申請と、
取り付ける太陽光システムが補助対象となるものであるかどうかということの
確認が重要となります。
そのため、太陽光発電システムの設置業者との正確な意思疎通が大切になります。
また、太陽光発電は基本的に導入後10年20年と長期間にわたって使っていくものです。
当然、台風などの自然災害の多い地域もありますし、少ない地域もあります、
また日照条件なども場所や周りの環境に大きく依存しますので、
それらを良く業者と話し合い、できるだけ設置後の維持費用のかからない
ような設置をすることが大切です。